オランダの大学生活日記

高校卒業後オランダのライデン大学に進学した私の生活を更新します。少しでも海外に興味を持っていただければ幸いです。

大学での勉強

こんにちは!今日はレクチャーが1つだけという比較的楽な1日でした!ただ今日のレクチャーのノートテイキングが明日のチュートリアルの宿題だったため、ちょっといつもよりもプレッシャーを感じながらノートを取りました笑。人に見られると思うと緊張しませんか?

 

 

最近の勉強方法

とにかく誰もがリーディングが多いと口を揃えて答えるこのコースにおいて英語の読むスピードが遅いということは宿題に時間がかかってしまうということなんです!ということで読むスピードがまだまだ遅い私は今授業のない時間のほとんど、特に午前中は常に何かの課題を読んでいます。そして週末は日中時間帯ほとんど課題をしていることが多いです。私の場合夜に勉強するのは苦手なので午前中にできるだけ進めるようにしています。最近よく利用しているのが大学内の勉強エリア。静かにすることが条件なので環境はとてもいいです。これ以外にも大学内でたくさん勉強できるスペースはあるのですが、かなりうるさいので私は勉強エリアを利用しています。この勉強スペース、いつも本当に混んでいるのですが朝1番に行くと人がほとんどいない事を発見して8時きっかりに大学に行くようにしています。

f:id:hothotcat:20190920015721j:plain

朝一番の勉強エリア

f:id:hothotcat:20190920015802j:plain

お気に入りのボックス席

10時を過ぎるとここのすべての席が人でいっぱいになります。私はここでひたすら辞書を片手に読み進めています。わからなかったらとにかく辞書をひいて数をこなして単語を覚えています。そして、自分でノートに要約してチュートリアルでノートを見返せるように用意しています。時間がなくなってきたら、ノートに要約するのを諦めたりもしますが...。最近少し苦戦しているのがGlobal Historyの中国史。難しいわけではなくて、中国のものを英語に訳してあるものがそれが自分の知識と一致しないんです!例えば匈奴という部族が中国史にありますがこれを英語で書くとxiongnu。わかるわけないだろ!と突っ込みたくなります笑。ただ高校の時に3年間世界史をとっていて本当に良かったです。その知識がとても今役に立っています。知識を新しく学ぶか英語に置き換えるだけかで言えば後者の方が圧倒的に楽なので。

 

 

明日も比較的余裕のある日なので来週分のリーディングの課題をまた大学でやろうと思います!ではまた!

新たな1週間

こんにちは。今日はかなり長く大変な1日でした。今週の中で1番予定が詰まっている日な気がします。ちなみに私は各チュートリアルが2週間に1回なので隔週で時間割が組まれています。なので先週と今週ではチュートリアルの時間が全然違います。なので2週間に1回大変な月曜日が待っているということなんです笑。

 

Introduction to International Studies Lecture

まず朝イチで2回目のInternational to international studiesの講義がありました。今日テーマにしたのがこのモキュメンタリー。

https://www.youtube.com/watch?v=NqcFg4z6EYY

オーストラリアでの白人とアボリジニの関係を逆にしたいわゆるノンフィクションのような物語です。英語ですがもしよければ見てみてください。刺さるものがかなりあると思います。これの分析をしたのですが面白かったです。力のあるものが力のないもの調査をし、自分たちが良いと思うものを提供し歴史を作ってきた、1つの例として分析しました。毎回このように1つのケースについて分析し、それを今の世の中に当てはめたり、ということが続くみたいです!教授は日本に住んでいたことがあるらしく、来週のケースは日本のことみたいで、楽しみです!

 

 

Academic Reading and Writing Tutorial

その後すぐにあったのがこのチュートリアル。大学は市内に3つのキャンパスがあるのですが割と離れているため、15分で移動するのは割と遅刻ギリギリになります。今日はエレベーターが混んでいて遅刻しました笑。今日はそこで有名なGuns, Germs, and Steelについての分析をしました。

en.wikipedia.org

www.amazon.co.jp

これはなぜ今ヨーロッパやアメリカが世界的に力を持っていて他の地域ではないのか?というのをヨーロッパではない視点から解き明かしているような本なのですがこれの分析が難しいです。本当についていけなくてしんどい!内容は分かっているのですがなかなかついていけないですね。とりあえず聞き手に回らないように、わからなかったらすぐ声を上げて質問だけはせめてするようにしています。ちなみに日本語訳の本もあるみたいです!

 

 

Introduction to International Studies Tutorial

さてそしてなんと5時からあったのがこのチュートリアル。前のコマから4時間くらい時間があり、グループエッセイの相談をしたり、課題のリーディングを読んだりしていました。そして5時からスイッチを入れ直して、チュートリアルに参加しました。7時までかかるので流石にみんな疲れが出てきていたような気がします。ここではOrientalismという本についての基本情報をみんなで話しました。そしてこれを基に再来週までにイントロダクションを読んで分析をする宿題が出ました。ということで基本情報を話したのですが、そこで見た動画が半分くらいしかわからなかったため、チュートリアルが終わった後教授に15分、時間をもらい全てもう1度噛み砕いて教えてもらいました。多分宿題をやる前にもう一度会って来ないと、宿題をできない気がするので、予約を取ろうと思っています!ただここは予約さえ取ればたくさん助けてくれるシステムなので助かっています。しかもわからないというとわかるまで何度でも説明してくれる教授が多いイメージです。おかげで大変助かったのですが、帰ったのが7時半を過ぎていてもうクタクタです!

en.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

 

初めてのカップ麺 in オランダ

初めて疲れ過ぎて晩御飯を作るのをサボりました。ということで何かあった時のために買っておいたカップ麺を食べました。

f:id:hothotcat:20190917031105j:plain

アジアンと書いてありますが多分タイっぽい気がします

f:id:hothotcat:20190917031057j:plain

中身はこんな感じ

味はまずまずでした!思っていたよりは美味しかった気がします。ちょっと辛かったのですが麺のクオリティは良かったです。とりあえず何かあった時には便利だと思いました。値段も1ユーロとお手頃です。ただ明日からはまたきちんと料理をしようと思います笑。


明日はレクチャーが2つだけなのですが、また間に4時間くらい時間があるのでまたエッセイの打ち合わせをして完成に近づけたいなと思います!ではまた!

 

読解力

こんにちは!デン・ハーグはまた暖かくなってきていて先週との温度差がかなりあります。本当に何着ていいか分からなくなりそうです。今日は大学でテキストを読むにあたって感じていることをお話ししたいと思います。

 

基本は日本語と変わらない!

もう毎日のように英語のテキストを読んでいて、必要な力は日本語の論文を読むときと何も変わらないなと感じています。当然ですが英語の練習のために書かれたものではないので、テキストには必ず書いている人の主張があり、伝えたいことがあります。日本でやってきた英語練習のための英語の文章よりもより明確に主張があるため、それを見つけることによってはるかにテキストを理解できるようになります。今でも覚えているのですが高校1年の現代文の授業で学んだ、文と文の接続は3パターンしかない、筆者の主張は抽象的にまとめている部分でそれを説明するために例が書かれている、などなど基本的な読み取りの知識が本当に役に立っています。その時教えてくれた先生に感謝です!しかも日本語の文章よりも英語の文章の方が回りくどくなく、行間を読むということも日本語ほどないように感じます。英語で違うことを学ぶということはもちろん英語力は大事になってきますし、単語量もあればあるほど楽になるとは思うのですが、内容を理解するという点においては同じくらい読解力は大事だと思います。

 

 

真面目な話になってしまいましたが、もし何かの参考になればいいなと思います。ではまた!

日本人留学生歓迎会

こんにちは!今日はレクチャー1つチュートリアル1つの後、ライデンまで行って日本人留学生の歓迎会に行ってきました!

 

Academic Reading and Writing Lecture

今日の午前中からあったのがアカデミックリーディング、ライティング。内容はどのようにアカデミックな文章を読みエッセイを書くかというもの。内容は理解できたのですがとにかく読まなければいけないものが多い!これはレクチャーが少なくてチュートリアルが多いコースとなっていてより実践が求められます。12月までに大きなエッセイを2本書かなければならず、そのためには課題以外のものも読まなければならないとのこと。もう途方にくれそうです。ただやはり身につけなければならない技術だと思いますし、まだまだエッセイを書くのは苦手なので、ありがたいコースだとは思います。これで次のセメスターからのエッセイの基礎が出来上がればいいなと思います。

 

Global History Tutorial

午後からは昨日レクチャーを受けたグローバルヒストリーのチュートリアルでした。このチュートリアルの教授が10年間日本住んだことがあるらしく、日本トークで盛り上がりました笑。こんな感じで顔と名前を覚えてくれるのはありがたいです!今日はまだオリエンテーションだったので軽めな内容でした。学生はいろんな国から集まっているのでまず自己紹介がてら自分が思う歴史上の大事なポイントを1人1つ説明するということから始まりました。私はせっかくオランダにいるし!と思い長崎の出島の話をしましたが1番ニコニコ聞いてくれたのが教授でした笑。他の人の話を聞くのもとても面白かったです。そして短いテキストの分析をやって終わりでした。だいぶチュートリアルの雰囲気にも慣れてきた感じはします。

 

日本人留学生のためのウエルカムパーティー

授業の後急いでライデンまで移動して参加してきました。まずは町の中の探索から。

f:id:hothotcat:20190914034616j:plain

ザ!オランダ!みたいな写真

f:id:hothotcat:20190914034623j:plain

天気も良く気持ちよかったです

その後に晩御飯としてオランダ名物のパンケーキを食べてきました。オランダのパンケーキはとても薄くてその上にベーコンやハムチーズが乗っていたり、甘いものが乗っていたり、かなりずっしりとしたものです。美味しかったのですがオランダなので量が多くて今苦しいです笑。オランダに住んでいる日本語学科のオランダと日本のハーフに会いハーフの話などで盛り上がりました。

 

 

さて週末はまた来週のためのリーディングをしつつゆっくり休みたいと思います!ではまた!

f:id:hothotcat:20190914035117j:plain

ライデンからデン・ハーグに戻る電車の中から

 

正式に移住手続き終了!

こんにちは。今日は大学と市役所と銀行と歩き回った1日でしたが順を追って話したいと思います。ようやくオランダに慣れてきたような気がしますが大学の生活に慣れるまではもう少しかかりそうです。

 

Global History Lecture

まず朝一であったのですがGlobal Historyの講義でした。余談ですが学生はかなりの割合がパソコンでメモを取っています。ただ私はアナログなので紙とペンで取っています。しかしこの講義の最初で教授が私は紙とペンを推奨します!といったせいでたくさんの人がガサガサとパソコンをしまっていました笑。でもパソコンの方が持ち歩くものが減って楽ですよね笑。私はただタイピングが遅くてついていけないので神とペンを使っています。講義のテーマはWorld HistoryとGlobal Historyって何が違うのか?ということでした。どちらも世界史では?と思っていましたが分析の仕方、物事の見方、何に焦点を当てるかが全然違いました。このニュアンスの違いはわかりにくいですね笑。でも教授の話し方がゆっくりでわかりやすかったです。

 

市役所とBSNナンバー

夕方まで空き時間があったので事務的なことをすき間時間にしていました。かれこれ一ヶ月前に市役所で移住の手続きをして、銀行口座を開設しました。その時の記事はこちらから。

 

netherlands-university.hatenablog.jp

 

 

netherlands-university.hatenablog.jp

 

市役所での手続きの後、オランダに住むために必要なBSNナンバーというものが4週間以内に家に送られてくるはずでした。もうそろそろ4週間経とうとしているのに届かない!そして最大の問題は銀行口座を開設してから4週間以内に銀行にこのナンバーを提出しないと口座が凍結されてしまうということ!これは本当に死活問題です。というのもオランダで人々は銀行のキャッシュカードを使って主に支払いをしています。これだと現金は持たなくてすみ、クレジット会社にお金を取られることもないので!なので私もたくさん利用してきました。なので銀行口座凍結するのは本当に本当に困ります!なぜここまで待っていたかというと、実は銀行のタイムリミットが6週間だと聞いていたんです。そうしたら昨日の夜メールが届いてあなたの口座はこのままでは来週の水曜日に凍結します!と。聞いてた話と違うじゃん!と思い銀行に連絡を取ったらもう水曜日までに届けてくれないと凍結は止められないと言われ、当然かなり焦り、今日市役所に行ってきました。手紙が来ないことを伝えると、それは変だねーと言いながらナンバーをポストイットにメモしてくれました。ただそれでは銀行に提出できないので何か公式の紙をもらえませんか?と聞いたら15ユーロ払えばもらえますとのこと。仕方がなく払って銀行口座の凍結を防ぎました。手紙さえ届けば払わなくてよかった15ユーロでしたが!でも防げて本当に良かったです!

 

Economics Tutorial

さてバタバタした午後を終え、夕方に経済学のチュートリアルがありました。これがかなり参加できて久しぶりにちょっと達成感を感じています!やはり自分の元々の知識がどれだけあるかは大事ですね!高校での経済の知識がかなり役に立ちました!授業を受けていて日本の教育で重点を置いているところとそうではないところに気付かされます。そして他の国の教育の特徴も!本当に面白いです!そして課題が早く終わった人から帰ることができたのでいつもよりも少し早く帰られました!幸せ幸せ。

 

明日はAcademic Reading and Writingの講義と今日受けたGlobal Historyチュートリアルがあります。そのあとはライデンに行って日本人留学生のための歓迎パーティーに参加してこようと思います。そのためにも今日から来週のためのリーディングの課題をやっていくと思います!今週もあとちょっと!頑張ります!ではまた!

Sociolinguistics

こんにちは。デン・ハーグは今日本当に大雨です。普段雨では傘をささないオランダ人が傘をさすくらいひどかったです。ただ大学では興味深い1日となりました。

 

大学の前に

今日は朝11時15分が最初の講義だったので朝ゆっくりしてから大学に行きました。そして重要なことを大学の前にしてきました。それはオランダの大型スーパーのアルバートハインのボーナスカードをもらってきたこと!アルバートハインについてはこちらから↓

 

netherlands-university.hatenablog.jp

 

これがないとこのスーパーでやっているセールの商品がセールの価格で買えないんです!カードがあることは知っていたのですが会員のための何かだろうかと思っていました。そうしたら大学の友達に大事なカードだと教えてもらって!!店舗でサービスカウンターなどに行けば簡単にもらえます。これから活用していこうと思います!

 

 

Sociolinguistics Lecture

今日初めて社会言語学のレクチャーを受けてきました。教科書が本当に面白くて、方言の種類や方言と言語の違いはなんなのか、言語は社会にどのような影響があるのかなどを勉強しました。ただ教授の話し方が早くて早くて...しかもスライドに書いてあることと違うことを話しているのでメモを取らなければならない。という状態で早い話を聞きそれについてメモを取り、スライドを読むということに。当然できませんでした笑。話を聞くことがまず精一杯でスライドを読むのは後でネット上にスライドがアップされてから読むことに決め、話を聞くことにまず専念しました。いつかこれがすべて同時にできる日が来るのでしょうか笑?

 

 

Sociolinguistics Tutorial

上のレクチャーを元にチュートリアルが午後からありました。事前に質問されることがわかっていたのでできる限り準備はしていったのですが発言まではいけませんでした。理解することと質問されて他の人よりも前に話すことはレベルが違いますね。ただチュートリアルの教授がとてもわかりやすかったのと、物事をとてもはっきり話してくれたのでとても楽しめました。ありがとうという言葉がない国もあるがだからと言って、その概念がないというわけではないなどということについてディスカッションなど本当にこの教科は面白いです。

 

 

明日はグローバルヒストリーのレクチャーと昨日あった経済学についてのチュートリアルがあります。大学生活のリズムに慣れるまではもう少しかかりそうですが頑張っていこうと思います。ではまた!

タフな1日

こんにちは!今日は9時から17時まで3コマの授業を受けてきました。日本のシステムはよくわからないのですが、ライデン大学の1コマは45分-15分休憩-45分となっています。面白いのはスケジュールには9時からとあっても本当に始まるのは9時15分です。これは昔その15分でお祈りをしていたからだそうです。さすが歴史ある大学!もちろん今はそんなことはないので9時15分を目がけてみんな教室に向かいます。それでは今日の私の1日はこんな感じでした!

 

 

Cultural studies Lecture

まず9時15分からあったのがこの講義。私が昨日書いていた不安だった科目です。内容は色々な文化を学ぶとかではなく、文化が経済や政治などとどのように結びついているのか、文化は世界などの出来事にどのように結びついているのかを分析する科目です。これが本当に難しい!文化を様々な構造に分類して分析していくのですが、このテオリーが本当に難しくて理解するのがやっとで、分析に使えるほどではなくて...必死にメモを取り続けました。でも教授が多分できるだけわかりやすく噛み砕いて話してくれたのでなんとか理解することができました。やはり教科書を読むよりも講義を聴くほうが簡単なような気がします。

 

 

Cultural Studies Tutorial

そのあと昼からあったのが先ほどのレクチャーをベースにしたチュートリアル。実際に構造を使って分析をクラスでしたのですが、本当についていけませんでした。他のメンバーが言っていることが理解できたり理解できなかったり...というレベルでした。やはり構造を理解するのとそれを使うのとでは全く違うのと教科書の理解度が壁でした。同じグループのメンバーに本当にたくさん助けてもらいました。何度聞き返してわかりやすく説明してもらったことか...そしてそこでの教授の英語のアクセントがまた難しくて!難易度高いです。そして再来週までにグループで分析したことを元にミニエッセイを書かなければ..幸いグループで1本のエッセイなので助けてもらいつつ理解に努めようと思います。

 

 

Economics Lecture

さて最後夕方にあったのが経済学のレクチャー。実はこれは教科書がそこまで難しくなく、高校の範囲を少し難しく細かくしたかなーという感じ。まだ序盤だからだというのもありますが。そして講義もほとんど教科書に書いてあることの説明でした。おかげで私でもかなり理解することができました。この授業のチュートリアルが木曜日にあるので、そこでどこまでついていけるか試したいと思います!そして講義が単純な説明ばかりだったので、たくさんの人が15分の休憩の間にコーヒーを買ってきていました。夕方に単純な説明の講義は眠くさせますよね。ヨーロッパは多分基本的に講義中飲み物はokで軽食もありです。リンゴをかじっている人やサンドイッチを食べている人など色々います。でも教授の話し方は面白かったです。高校時代スピーチやプレゼンテーションをやっていたので、人の話し方や観客の注目の集め方など気になったりします笑。

 

 

明日は社会言語学の講義とチュートリアルがあります。私にとっては全く新しい学問ですが、教科書を読んだ限りではかなり面白そうだったので楽しみです。ではまた!