オランダの大学生活日記

高校からの海外進学も選択肢の1つ。オランダの大学に進学した私の毎日です。

2ブロック目の授業

こんにちは。ヨーロッパではもうクリスマスの飾りが街中で見られるようになってきました。クリスマス飾りが増えると1年が終わる気がしてしまいます。ただクリスマス休みまではまだまだ遠く授業の続く日々です。今日は2ブロック目に取っている授業についてお話ししたいと思います。

 

新たな授業

European Languages and Culturesの学科では1ブロックにつき必ず3講座取るのですが、私の場合専攻言語がドイツ語なので必ずドイツ語関連の授業が1つあります。ドイツ語の授業は1ブロック目と変わらず引き続き言語を学びつつも、ドイツの歴史についてエッセイを書いたり議論したりしています。今ブロックのテーマはドイツの連邦制について。ドイツは中央集権型ではなく、各州がそれぞれに権利を持っている連邦制なのでその特徴や歴史について話しています。日本出身だと州によって教育システムが少しずつ違うというのは馴染みがないので面白いです。他の2つの授業は英語での授業です。1つは政治学への導入授業Politics and Society、もう1つは文学・文化研究の導入授業Reading Modern Europeという授業です。Politics and Societyではヨーロッパの政治学と基本的なセオリーを学んでいます。ヨーロッパでは極右政党が勢力を伸ばしていたり、社会が分極化していたりしているのでそのような点に重きが置かれている感じです。Reading Modern Europeでは毎週1つヨーロッパの文学作品を読むと同時に文化的な概念、例えば比喩表現の効果・影響であったり、フェミニストの概念などをを文学作品に関連づけて議論しています。どちらの授業もリーディングの量が多い気がしていますが興味深いです。ただ個人的には文学作品の分析はあまり得意ではないので政治学の方が楽しんでいます。

 

 

2ブロック目の授業のテストはクリスマスと年末年始の休暇が終わった1月半ばにあるので、まだテストのことをあまり考えずに授業を楽しんでいます。最近は特に家に引きこもってばかりなので、たまには外に出て写真でも撮ってブログでシェアできたらなと思います。ではまた!

1ブロック目終了

こんにちは。なかなか更新できずにいましたが、ようやくまた書く時間を見つけられました。書いていなかった1ヶ月のうちに1ブロック目のテストも終わり、2ブロック目が先週から始まっていました。今日は1ブロック目を振り返ってみたいと思います。

 

テスト

今通っているGroningen大学では1年が4つのブロックに分けられており、1ブロック2ヶ月ほどで構成されています。私が1ブロック目に取っていた授業はコースの基礎講座であるStudying Europe、言語学の導入授業であるLanguage and Society、そして選択言語のドイツ語でした。そして11月の頭にこれらのテストがありました。今ヨーロッパではコロナがまた猛威をふるい始め部分的にロックダウンされているため全てがオンラインでした。テストといっても試験形式だったのはLanguage and Societyのみで他の2つはエッセイ形式のテストでした。試験とドイツ語のコースは無事にパスし、Sudying Europeは結果待ち中です。テストを受けてみて、Leiden大学にいた1年は確実に生きているなと思っています。勉強の内容、エッセイの書き方、試験期間の乗り切り方などなど応用できたことがたくさんあり、ようやく楽しみながら大学の勉強ができるようになってきたことを嬉しく思っています。1ブロック目は特に言語学の授業はとても楽しかったです。Leiden大学では社会言語学にフォーカスされていたのですが、Groningen大学では言語の成り立ちや歴史的な観点から見る言語学などがあり幅広く勉強できるのでとても興味深いです。今回は導入の授業だったので、3ブロック目から本格的に言語学の授業が増えるのが今から楽しみです。個人的に将来マスター(修士)では言語習得のプロセスや多言語社会などを勉強したいなと思っています。

 

お箏

しばらく前の記事で高校時代、箏曲部に入っていたことを書いたことがあると思うのですが、実はヨーロッパにも楽器を持ってきていてたまに自分で弾いたりしています。部活時代はグループで弾いていたので1人で弾くのは寂しかったりもしますが趣味で時間を見つけては楽しんでいます。Leiden大学にいた頃はワークショップもしたことがあり、趣味以外にも活用していたのですがもちろんコロナになってからはオンラインでしかできない以上体験をしてもらえないのでどのようにワークショップをできるか考えていました。体験というよりかはミニセミナーのようにしてお箏の説明と私の演奏でワークショップを構成した方がオンラインに向いているのかなと思ったりしています。まだGroningen大学では2ヶ月目ですがいつかまたワークショップができるようにいろいろ考えてみています。せっかく何か日本のものを見せられるので生かしたいなと考えてはいるのですがまだまだ道半ばです。

 

2ブロック目が始まり、新たなアサイメント新たなリーディングにまた追われ始め毎日勉強する日々ですがこうして勉強に集中できるのが嬉しいです。次のブログでは2ブロック目で取っている授業のことについてお話ししてみたいなと思います。ではまた!

シェイクスピア

こんにちは。大学は3週目が終わり、1ブロック目がもう少しで折り返し地点です。最近オランダではコロナ感染者が増え、私が住んでいるデン・ハーグを含むエリアで新たに制限が少し増えました。とはいえ、ほとんど生活には影響しないレベルなのでこの制限とルールで感染者が減らせるのかは甚だ疑問ですが。(集まりでの最大参加人数の制限や、レストランの営業時間の短縮が主な内容でした)本格的な第2波と言われ始めてきました。今日は大学の課題が出たときに思ったことを皆さんとシェアしたいと思います。

 

言語の変化

私の学科では言語学や社会言語学についても学んでいます。そこで言葉の持つ意味が時代によって変わるときに、どのような変化のタイプがあるのか考察しなさいという課題が先日出て、久しぶりにかなり苦戦しました。変化のタイプというのは、例えば時代とともに、ある言葉の意味合いがネガティブになったり、逆にポジティブになったり、言葉の指す対象が広くなったり、逆に狭くなったりといった具合です。そこでシェイクスピアなどの文章が引用され、そこでの意味と現代の意味の変化を考察する課題でした。そこでルームメイトと話しながら思ったのですが、ヨーロッパ(特に西側)では高校の英語の授業でシェイクスピアなどの古典を読んだりということがよくあるらしく、その時代の文法や言葉の使い方など、多少なりとも勉強したことがある人が多いみたいです。(ルームメイト曰く苦手な人が多いみたいですが)私はシェイクスピアを英語で読んだことはもちろんないですし、その時代の英語の使われ方も知らなかったので、ルームメイトに教えてもらいつつその課題を提出しました。母国語ではない古典を勉強するのは大変だなとつくづく思いました。そもそも恥ずかしいのですが私は高校での日本の古典も漢文も苦手だった上に受験に使わなかったので、最低限しかやらずに来たのに、英語の古典とは?...という感じです。日本の古典もそうですが、時代が変わるだけでこんなに言葉も文法も違うとはすごいものですよね。言語は1日単位で変わっていくものですが、考察の課題をしながら、それが何百年も経つとこんなにも変わるのかとある意味感心しました。ただこの手の課題をする時は今回のように誰かに少し助けてほしいなと思います笑。

 

 

 

どんどん日の出の時間が遅くなっている上に、朝が寒くなってきて朝早く起きるのが辛くなってきました。これから暗い季節がやってくると思うと辛いですね。特にオランダは寒い上に風も強く冬は厳しい季節なので。日差しを浴びれるうちに浴びておかねば!という感じです。ではまた!

日本文化ってどんな文化?

こんにちは。日本は今日から4連休でしょうか?オランダでは祭日が日本ほど多くないので(というか日本が多いような気がしますが)次の祭日はクリスマスです。休みが待遠しいものです笑。最近よく身近にいる人から日本のことや広い意味での日本文化とアジアのことについて聞かれることが多いので今日はそのようなことを聞かれることについてお話ししたいと思います。

 

それって疲れない??

日本人としてオランダに住んでいる私は当たり前ですがここでは外国人であり、マイノリティーです。そしてここに住んでいる外国人の中でも珍しい日本人です。Leiden大学では周りにアジア系の友達もたくさんいましたが、コロナの影響もあり、Groningen大学の今の通っているコースの中でアジア人はかなり珍しい方です。小グループでの授業ではLeidenではどのグループも2人くらいはアジア人がいましたが、Groningenでは各グループに1人いるかいないかといった具合です。そのようなのもあり日本人だと自己紹介すると珍しがられますし、必然的に最初のうちはいろんなことを聞かれます。個人的に日本という国が好きですし、興味を持って聞いてくれるので答えるのは好きです。ただ少し疲れるなと思うのは、日本のことについて話すと日本に住むのって大変じゃない?とよく聞かれることです。日本の文化に当たり前に存在している、空気を読むということ、直接的な表現より間接的な表現を好むこと、などなどこれらのことはオランダではほとんど見られないことばかりです。だからこそ、オランダ人にとってこれらのことは大変なことであり疲れることです。ただ日本で育った私としては、空気を読むことは基本的にストレスなくできますし、間接的な表現の方が染み付いています。むしろ直接的にいう方が相手を傷つけてしまわないかと考えてしまいストレスです。なので疲れない?と聞かれることはオランダ人の価値観を無理やり自分の文化に当てはめられている気がしてしまいます。気持ち的には「だからそれが当たり前なの!」と言いたい感じです。(そしてそれを言わないのが私の日本人らしいところだと思うのですが)でもこれはオランダ人に限らずみんな大なり小なり自分の育った環境に置き換えて理解しようとする過程で発生することなのである意味仕方がないところでもあるのかなとも思っています。自分の育った環境に置き換えずに理解するのは何倍も大変ですし、知らず知らずのうちに置き換えてしまうのが自然なんだと思います。問題はそれを相手にそのままぶつけずできるだけ客観的に聞き返すことがコツなのではないのかなと考えたり。聞く前に押し付けにならないのか?と一瞬でも考えられる余裕があればいいのかなとも思ったり。皆さんはどう思われますか?

ただ最初にも書いた通り基本的に日本のことを話すのは大好きです。それこそ日本人であることに誇りも持っていますし、オランダでマイノリティーであることも楽しいです。それは学生のうちはオランダで、外国人であることやマイノリティーであることで差別を受けることが限りになく少ないからです。その中で好きなように日本のことを紹介できるのはありがたい話です。

 

 

 

 

今日は大家さん家族と一緒にディナーの日でした。月1回とまではいかないのですが、2ヶ月に1回くらいはやっています。そろそろ作る料理がネタ切れで困ってはいるのですが笑。なかなか海外で簡単に作れる日本料理って難しいです。材料を買い揃えることはできないことはないのですがあちこち回って探さなければならないのがハードルが上がる1つの要因ですかね。めんどくさく感じてしまいます。今日はルームメイトがケーキを作ったのですがそれがとても美味しかったです。掲載許可をもらったので写真だけででも、みなさんにシェアしたいなと思います笑笑。ではまた!

f:id:hothotcat:20200919053453j:plain

 

 

 

 

言語学習

こんにちは。オンラインとはいえ大学が始まり、毎日講義を受けたり、リーディングをこなしたり、アサイメントを提出したり、やらなければならないこと、というかやりたいことがあるのが良いなと思いつつ忙しくしています。大学を変えて予期していた、たくさんの変化を感じていますが、予期してなかった変化もたくさん感じています。その中でも大きく感じている変化はドイツ語のクラスです。なので今日は言語学習について思うことを話そうかなと思います。

 

言語学習の違い

私は日本語が母国語です。ドイツ語は3分の1程ネイティブ感覚がありますが基本的にはドイツ語そして英語は後から身につけた言語です。英語を始めたのは幼稚園くらいの頃だったと思いますがそこから高校入学までは基本的にはテキストを使って文法をやり、テキストの中の課題を使って会話表現をやってみるといった形だったと思います。高校に入り少しずつ英語を使って何かを勉強したりテキスト以外の教材をもとにプレゼンや発表をすることがありました。私の通っていた高校では異文化理解というクラスがあり、英語で宗教のことを勉強したりと、公立高校にしてはユニークだったなと振り返って思います。もちろんこれらの授業と同時に教科書を使っての文法と会話の授業もありました。私はベースは中学くらいまでの文法の授業で身に付けましたが、それ以降文法はかなり苦手かつ感覚で考え始めるようになったので話している時の文法のミスはほっときつつ話すようになりました。(今も正直そんな感じです)

ドイツ語も勉強していた時はほとんどがテキストベースで英語と似たり寄ったりでしたし、Leiden大学のクラスもそんな感じでした。Groningen大学のドイツ語のクラスを受け始めて違いを感じました。GroningenではB1くらいのレベルからテキストや文法はほとんどなしで毎週あるテーマに沿って、ドイツ語でそのテーマについて調べて授業でディスカッションをして、その中でわからない単語は自分で単語帳にするという形です。テーマも簡単なわけではなく、重国籍の話だったり、第2次世界大戦後でのソビエト連邦での強制労働の話だったり、男女での雇用の差だったりかなり深いところまで話します。さらに毎週テーマに関連する映画をみんなで1本見て映画の分析をしたり。ある意味テキストでドイツ語で勉強するよりドイツ語を読んだりする時間は増えた気がしています。

どの言語学習が良いなどはもちろん一概には言えませんし、1クラスのサイズの違い、学校においてはプログラムや指導要領に基づいてどのように組み立てるか、なども関わってくるのでどこも違いますが、個人的にはGroningenのプログラムは気に入っています。特にある程度の文法と単語の基本的な知識があればこの形の授業にはついていけるのではないかと思います。ただ、細かい文法のミスはそのままに話は進んでいくのでアカデミックな場面特に論文を書くときはかなりの添削が必要になってくるのではないかなとは思っているのでその点の文法などへのフォローはあってもいいかなとは思います。英語学習も日本ではアクティブラーニングと言われ始めて改革がなされていますが最終的には理想論ですが学生それぞれが学びやすい方法で学べたらいいなと思うので、若いうちに様々なタイプの言語学習に触れられる機会があればいいのかなと思います。

 

 

大学生活2週目が終わろうとしています。始まってしまうとあっという間に過ぎていきますね。私は7週目までが授業で8.9週目がテスト期間になります。ゆったりはしていられませんが、今セメスターの目標は勉強と生活のバランスを取ることなので、自分のやりたいこともしたいなと思います。ではまた!