オランダの大学生活日記

高校卒業後、オランダに正規留学した私の日々です。今はGroningen大学でEuropean Languages and Culturesを勉強中

冬休み

少し遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。昨年は後期からきちんと定期的に更新しようと心がけていましたがいかがでしたか?本年も定期的に更新していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

私はお正月から勉強から離れてゆっくりしています。ちょっと寝正月気味で反省していますが、それでも実家から送ってもらった日本語の小説を読んだり、お箏を弾いたり、おうちでの時間を満喫しています。

 

 

ロックダウン

オランダではクリスマス1週間前からロックダウンが始まって今なお続いています。私はクリスマス前の1週間はオンライン授業に切り替わり10日からの週もテストなどを除いてオンラインの予定です。政府は14日に状況を再評価する予定なので、テスト期間が終わる2月頭からはまた対面に戻らないかなーとは思っていますがいまいち期待はできない雰囲気です。1月後半はずっとテスト期間で講義などはないのですが、私はテストは1つもなく、エッセイを3つ仕上げなければならないので、どのみち家に引きこもって書き続けることになりそうです。1つ気がかりなのはドイツ語の授業の最終プレゼンです。今期のドイツ語は授業的にドイツ語学習の最終段階に位置付けされていて、エッセイとそれについてのプレゼンが最終課題なのですが、そのプレゼンがオンラインですることになると辛いなと思っています。プレゼンも位置付け的にはテストなのですが、普通の授業の中でのテストなので、オフシャルなテストとして認められて対面で出来るのかいまだにわかっていません。わかるまではオンラインになっても対面になってもいいように準備しておかなければという感じです。とても大事なプレゼンなのでできれば対面でしたいなと思っています。

 

 

 

クリスマスのタイミングで実家から色々荷物を送ってもらったのですが、その中に日本のスナックやお煎餅が入っていて最近は美味しい日本茶を入れて日本から送ってもらったものを食べています。大学に通っていないので食べてばかりで太らないようにしなければと思っています苦笑。

皆さんにとって良い1年になることを祈っています。ではまた!

 

オランダでのクリスマス

こんにちは。私は今日から冬休みに入り勉強から離れるようと心がけています。とりあえず冬休み初日の今日は部屋の片付けやらやらなければいけないことを片付けて両親と長らくビデオコールでしゃべっていました。みなさんはこの冬いかがお過ごしですか?

 

エッセイが3本

さて勉強から離れようとしているとは書きましたが、冬休み明けわりとすぐにエッセイの提出期限が3つほどあり冬休み完全にずっと休んでいるわけにはいかなさそうです。というのもドイツ語のエッセイは冬休み空けて2日で提出なのでどう頑張っても冬休みにやらなければいけないようなスケジュールになっています。ただ9月からほぼぶっ通しでやり続けてきたので休みが欲しい!って事で絶対に1週間くらいは勉強から離れる期間を作るつもりです。

 

 

初めてのオランダでのクリスマス

ヨーロッパにきてもう3回目のクリスマスなのですが過去2回はドイツで過ごしたので初めてオランダで過ごすクリスマスです。クリスマス当日はシェアハウスに残ったもう1人のルームメイトとオーナーの家族と一緒にディナーの予定です。ありがたいことにオランダ人のオーナー家族に混ぜてもらえるので初めてオランダのクリスマスを経験できそうでこれはこれで楽しみです。実は数週間前に周りの学生がクリスマスに実家に帰る話をしきりにしていた時期は帰れない自分の状況にイラだったり落ち込んだりと不安定な時期があったのですがクリスマス直前になって気持ちが安定してきました。多分数週間前はプレゼンやらエッセイやらでストレスを感じてたので余計にイライラしていたのだと思います笑笑。せっかくのオランダでのクリスマス、ゆっくり楽しみたいと思います。

 

 

 

両親からクリスマスプレゼントにイヤリングをもらったのですが、みなさんこのモチーフ何かわかりますか?

f:id:hothotcat:20211225022530j:image

わかる方いらっしゃいますかね?実はこれはお箏を弾く時に弦を張るために使う柱(じ)の形なんです。ネットで見つけてずっと欲しかったのでプレゼントに送ってもらいました。可愛くて早速つけています。ヨーロッパでこの形何?って聞いてくれる人いないかなー?って思っています笑。絶対いないでしょうが笑笑。ではみなさん、happy holidays!

 

 

 

ちなみにイヤリングを買ったウェブサイトはこちらです。

https://tsubomi2525.base.shop/categories/3312659

 

久しぶりに悔しい思いを

こんにちは。今日は先日話していたプレゼンがあったのですが、久しぶりに本当に上手くいかなかったプレゼンをしてしまう羽目になってしまいうまく消化できずに一日を過ごしてしまいました。ちょっと自分の中で消化するためにも皆さんにシェアさせてください。

 

 

ハイブリットなプレゼン

さて私が今日行ったプレゼンは4人グループでのプレゼンでテーマはカナダの先住民とidentity politics。どのように先住民のグループがカナダの中で生きてきて、カナダ人はどのようなアイデンティティを彼らに押し付けているのかというテーマでした。今回私たちが、というか私が犯したミスは大きく3つ。

まずこれは学生あるあるですが、グループメンバーのほとんどが昨日自分たちの調べ物やスライドを用意したのでとてもギリギリだったということ。そして15分のプレゼンなのに出来上がったスライドはなんと30枚(ちなみにそのうち私のスライドは3枚)。どう頑張っても15分でおさまる量ではなく、昨日私はメンバーにぶちギレました笑。普通に考えて1人4分くらいしかないのにどうしたらそんなに沢山の内容を話そうと思ったのか、アホじゃないのかと思いました笑笑。これもよくある話ですが調べ物をすると全てが大事な内容な気がしてしまい内容を詰め込んでしまいがちですが、実際は最高でもその半分くらいお客さんに伝えられればちょうど良いプレゼンだと思います。今日ほかのメンバーのパートを聞いていて私が飽きてしまっていました。本当は伝える人が面白いと思う内容を伝えなきゃいけないのにメンバーが面白く思えないものをどうしたらお客さんが面白いと思ってくれるのか、という話ですよね。

これに関連して2つ目の問題は他のメンバーが1度でも練習をしてこなかったこと。私は数日前から練習して時間を測ったりして調節していました。だからこそ自分のパートは4分で収められたのですが、ほかのメンバーは昨日まで作業をしていたので当然ぶっつけ本番状態で自分たちのパートがどれだけ時間がかかるのかすら、わかってなかったと思います。1度でも練習をしてみたら自分たちのパートが長すぎたことに気がつけたでしょうが、それを怠っていました。そして私はそれに昨日から気がついていたのに何も変えられませんでした。

そして3つ目がハイブリットなプレゼンだったということ。メンバーのうち2人はオンラインで参加し2人は現地の教室でプレゼンを行いました。ちなみにオンラインで参加したメンバーは教室に来るのがめんどくさかっただけみたいです。これにより、元々上手くコミュニケーションを取れていなかったのにさらに状況を悪くしました。

長々と自己分析をしてしまいましたが今日本当に久しぶりに人前に立ってとても恥ずかしい思いをしました。穴があったら入りたいくらいに。でもそれを感じていたのが私だけというのもとても悔しくて。周りのメンバーを説得したりちゃんとコミュニケーションを取れなかった自分に苛立ち帰ってから思わず親に電話して長々愚痴ってしまいました笑。グループワークって本当に難しいですね。自分のパートだけ良くてもどうにもならないので笑

 

 

さてこんな感じで私の今ブロック最後のグループワークが終わりました。ここから1月末までは1人でやる作業だけなので明日からまた自分と向き合おうと思います。取り敢えず来週の水曜日にある1人でのプレゼンは満足のいくまで準備しようと心に決めました。ではまた!

エッセイとプレゼンテーションの狭間で

こんにちは。クリスマスホリデーシーズンまで後3週間ほどとなりましたが、その前に課題の提出やらエッセイの準備があって何かと忙しくしています。目下のところ来週にプレゼンテーションを控えているのでその準備に追われています。テーマはカナダの先住民であるファーストネーションズなのですが、個人的にカナダの歴史に触れたことがほとんどなかったので、まずはカナダの歴史を調べるところから始めています。それ以外に3本のエッセイを抱えていてこれらを1月末までに完成させなければならないのですが、ようやくテーマが決まってきたのでそれを今日は皆さんにシェアしたいなと思います。

 

初めて日本をテーマにしたエッセイを

オランダの大学に来てはや3年目で今の大学に移って2年目なのですが、これまで日本についてのエッセイを書いたことがありませんでした。もちろん私がヨーロッパの文化や言語を専攻していることが1番の理由なのですが、ヨーロッパに関係のないジェネラルなコースでも日本について書いたことがありませんでした。特に避けてきたわけではないのですが、チャンスやタイミングがありませんでした。でもここにきて自分の出身を生かしたエッセイを書きたいなと思いidentity politicsのためのエッセイで日本に関連したテーマを選びました。テーマはリバースオリエンタリズムオリエンタリズムとは西洋が植民地時代にアジア、特に中東に対して作り上げたイメージやディスコースを指します。この時に西洋の諸国はアジア、特に中東に対してエキゾチック、発達していないなどのイメージを広め、アジア側からの発信を阻害していました。アジアに対する知識をヨーロッパ側から発信することでヨーロッパ側からの見方を正しい知識として定着させたことに問題があるという議論です。リバースオリエンタリズムオリエンタリズムが東洋側からどのようにリアクションとして返されているのかという話です。私の場合は日本がオリエンタリズムに対してどのように反応をしているのかというリサーチです。特に観光業や文化交流について注目したいなと思います。オランダに来てから特に大学で日本について改めて考えたり調べたりすることがなかったのでこの機会にゆっくり考えてみたいなと思っています。

 

ドイツ語でのリサーチ

さてドイツ語では今期が最後の授業なので締めとしてファイナルエッセイを書かなければなりません。上記のエッセイと違ってもう少し短いエッセイになるのですが、ドイツ語で書くため作業量は膨大です。なんせ正しいドイツ語もアカデミックなドイツ語も書けないのでちょこちょこフィードバックやら直しをもらいながら書いているのですが、いかんせん直しの量が多くて終わらない気分です。テーマはドイツにおける移民が増えることによって起こる多言語社会(migrationsbedingte Mehrsprachigkeit) についてで、特に教育の場で起こる問題について注目しています。今までの研究では移民がどのように教育の場でドイツ語を学べるのか?やそこでの差別について多く調べられてきていましたが、ドイツ側がどのようにこの問題を表現してきたのかということにはあまり注目されていなかったのでドイツの社会や政治の場で移民による多言語社会がどのように表現されているのかを調べています。ただ政治の場で発行される書類はとてもフォーマルなドイツ語なので理解するのも大変ですし、それを分析するのはもっと難しいなと思っています。ようやく自分が何を書きたいかが明確になってきて8割方書けたのであとは仕上げと直しだけ、頑張ろうと思います笑。

 

クリスマスシーズンということで、街中に大きなクリスマスツリーが飾られていました。

f:id:hothotcat:20211211171607j:plain

最近寒くなってきて外に出ることが減ったのですが、このようなイルミネーションやら飾りを見るために街中をぶらぶらするのもいいかなと思っています。ではまた!

日本到着便の新規予約停止(追記あり)

こんにちは。街中は11月末からクリスマスモードになってきてあちこちで本格的にライティングアップされています。風が強い日も増えてきて本格的に冬になってきたなという感じです。今週に入ってから自分のメンタルが上がったり下がったりと落ち着かない感じだったのですが、今日ついにとどめを刺されました笑。今日はそんなお話をしたいなと思います。

 

コロナの話題ばかり

先月からオランダではコロナの感染者数が増えてロックダウンになるのか?みたいな話題がずっとされています。一応先日の記者発表で教育機関は対面で、とのことなので、毎日大学に通っています。ただ毎回毎回色んなセミナーの始まりでいつまで対面でできるんだろうね?とかオランダの対策は良くないのではないのか?やらコロナ関連の話題が増えて疲れてきていました。それにしては、外ではマスクをしている人はほとんどいませんし、大学も席につき次第マスクを外していいので、座るとマスクを外す人がほとんどで、気にしている割には対策している人が少ないのかなと思ったり。なんかスッキリしない気持ちで毎日通っています。さらに政治学やらドイツ語の授業でコロナ関連の話題を取り扱うことが多く、コロナの話題ばかりでちょっと気持ちが追いつかなくなっていました。その中で飛び込んできたニュース、国土交通省が日本の航空会社に日本到着便の新規予約を停止するよう要請したと。

www3.nhk.or.jp

ちょっと信じ難いなと思って、思わず帰る予定もないのに日本航空全日空のページで本当かどうか試してみてしまいました苦笑。実際に日本航空全日空では予約ができなくなっていたのですが、オランダの航空会社などはまだ新しいチケットも販売しているので帰ろうと思えば多分帰れるとは思います。もともとスケジュール的にも日本に帰る予定は全くなかったので私個人に直接的な影響はないのですが、周りのヨーロッパから来ている学生がクリスマスホリデーに実家に帰る話をあちこちでしている中でのこのニュースは精神的にくるものがありました。ちなみにこのニュースみなさんはどう捉えましたか?2週間の隔離措置もあるのにさらにこの措置を要請という形で進め今公になるとは、ちょっとどうなのかなと私は思っています。

 

あまりにも色々と疲れたので授業の後に大学の中のカフェで美味しいコーヒーを買って課題を進めました。普段はコーヒーマシーンの60セントのやっすいコーヒーを買うのですが、今日は2ユーロ出してカフェラテを買いました。そのカフェのおじさんが優しくて優しくてトゲトゲした心が本当に癒されました。2ユーロのコーヒーで結構気持ちが楽になりました。普段はメンタルがボロボロになると人と関わるのを極端に避けようとするのですが、そういう時こそ人と話してみるのもいいのかもしれないですね。

 

 

今週は先週よりも課題が少なめで少し時間があるので余計なことを色々考えてしまいます笑笑。1月末までに3本エッセイを書かなければならないので時間があるうちにそのテーマを決めてリサーチを進めていこうと思います。後ろ向きなブログになってしまいました笑笑。次書くときはもう少し楽しい話題を取り上げられればと思います。ではまた!

 

 

 

追記

どうやら新規予約停止が撤回されたようですね。正直今更なにを、とも思いますが。今回のことで思うのは最近余裕がない中で他の人の立場になって考えてみることや想像してみることが減ってきているのではないかなと思います(私も正直そうかもしれないです)。私が海外に住んでいるからといって在外邦人の気持ちも理解して!なんて言うつもりはありません。ただ少しでも2週間隔離されGPSで位置を確認されながら過ごすということや、自国に入国できなくなるかもしれない、ということを自分に置き換えてちょっとだけ想像してみてほしいなとは思います。個人的には過去の記事でチラッと書いたのですが、なぜ日本人、外国人というくくりが使われるのかが疑問です。日本人が海外で働き年末は日本に帰り家族と会いたいという帰国需要があるなら、日本で働いている外国人がホリデーシーズンに自国に帰国し、また休み明けから日本で働くということをなぜ想定していないのだろうと思います。個人的には日本人、外国人のカテゴライズはこの件に関してはとても排他的だと感じています。

政府、国際線の新規予約停止要請を撤回 岸田首相「混乱を招いた」 [新型コロナウイルス][オミクロン株]:朝日新聞デジタル

WHO、日本の対応「理解困難」 ウイルスは国籍見ないと批判 | 共同通信

 

 

この記事に反応をくださった方や応援してくださった方、本当にありがとうございます😊。温かいコメントに心が癒されました。留学中の皆様こんな状況で学びが制限されたりもしていますが体に気をつけてこれからもお互いがんばりましょうね。