オランダの大学生活日記

高校からの海外進学も選択肢の1つ。オランダの大学に進学した私の毎日です。

1年生最終試験の結果

こんにちは。今学期のテスト結果も全て出て私的にはここからは本格的に気分も夏休み!という感じになってきました。実はテスト結果が出揃うまでは不安で仕方がなかったのでようやくホッと一息つけました。今日は最終試験の結果についてお話ししたいと思います。

 

試験結果

今学期私が取っていたクラスはヨーロッパの近代史、ヨーロッパの文化言語、政治学、政治経済学、そして中級ドイツ語です。それぞれの授業についてはこちらに書いていますのでよろしければ読んでみてください!

 

netherlands-university.hatenablog.jp

 

とりあえず最終試験の結果はこんな感じです。

ヨーロッパ近代史 --> 7.7/10

ヨーロッパの文化と言語 --> 9/10

政治学 --> 6.8/10

政治経済学 --> 8.5/10

中級ドイツ語 -->9.5/10

概ね満足できる結果かなと思っています。やはり好きだった教科の点数は伸びた印象ですが、政治学だけは思っていたよりも低いスコアで少しびっくりしました。政治学の採点の詳細やフィードバックを見たのですが、質問の意図を汲み取りきれていなかったり(というか一部は質問と模範解答が呼応していないような気がしてしまいましたが)していました。特に今回は全てのテストで教科書や資料を見てもいいテストだっため、選択問題は全て無くなり記述問題だけだったのでより、こういう部分で点数が落ちてしまったのかなと振り返ってみて思っています。

私は高校卒業後すぐにライデン大学に入学したので、やはり英語だったり受けてきた教育の差、特にディスカッションやプレゼンの経験の無さを感じることが多くありましたが、その中で単位を全て取れたことはとても嬉しく思います。もちろんその分セメスター中は勉強ばかりで生活とのバランスが取れていなかったところも多々あるので、これからの課題は生活も充実させることかなと思っています。お箏のワークショップも1年で1回しかできなかったので(しかもオンライン)、来年度はもっとできたらなと思ったりしています。

 

 

夏休みに入り時間ができたため、日本語の本を読み返したり縫い物をしたりしています。昨日まで「真夜中のパン屋さん」シリーズ6巻を一気読みしていました笑。来月の中旬には次のセメスターの講義の登録(ハンガーゲーム)があるので、講義の開講予定が発表されたら、スケジュールを立てようと思っています。ハンガーゲームについてはこの記事に少し書いてあります。

 

netherlands-university.hatenablog.jp

 

ではまた!